NHKアナウンサー浅井理のプロフィール結婚している?大学は?性格やアナウンサーとしての評判は?

鳥取放送局を経て

スポンサーリンク

津放送局で夕方のニュース番組

『まるっと!みえ』のメインキャスターを務めている

浅井理アナウンサー。

フレッシュで爽やかな5年目のアナウンサーです。

一体どんな人物なのか。

まずはプロフィールから見ていきましょう。

◆NHKアナウンサー浅井理のプロフィール◆

  • 名前:浅井理(あさい・おさむ)
  • 所属局:NHK津放送局
  • 入局:平成26年
  • 出身地(生育地):岐阜県
  • 好きな食べ物:パン、坦々麺(激辛)、ミント味のアイス、チャーハン、焼き肉
  • 趣味・特技:パソコンで曲作り、フルート演奏
  • 心身リフレッシュ術:旅行、家で映画鑑賞、よく寝ること、カラオケで熱唱
  • モットー:がんばる人は美しい
  • 経歴:NHK鳥取放送局からNHK津放送局へ。
  • 現在の担当番組:『まるっと!みえ』メインキャスター(三重県域・総合・夕方6時30分)

◆結婚している?◆

既婚かどうかも公式の発表はありませんでした。

ネット上にも浅井アナの結婚にまつわる情報は

見つかりませんでした。

◆大学は?◆

出身校は公表していませんでしたが、

理系の大学院を卒業しています。

 

もしアナウンサーになっていなかったら、

イルカの研究を続けていたというほど

学生時代は勉学に励んでいたといいます。

イルカのDNAについて研究をしていたとか。

 

目指すは、サイエンスアナウンサー。

理系の知識を生かしながら取材もしているようで

ジュゴンがいる三重県の鳥羽水族館には

足繁く通っているようです。

 

大学の思い出については

こんなことを語っています。

 

大学最後の夏に

友達と神奈川県の丹沢に

食料は「塩」だけをもって3日間のキャンプにでかけ、

植物図鑑を片手に食べられる植物を探したそう。

川の水の冷たさ、葉っぱの苦さ、

火を起こしたときの感動、

そして寝るときに見上げた星空の美しさは

一生忘れない思い出になったようです。

 

勉強も遊びも充実した学生生活を

送っていたみたいですね。

 

◆性格やアナウンサーとしての評判は?◆

大学時代は、イルカの研究をずっと続け

スポンサーリンク

海の生き物が大好きだという浅井アナ。

ひとつのことを続けられる努力家で、

生きとし生けるものを愛することができる

温かい性格なのでしょう。

 

津放送局では

自身の得意分野を生かして

しっかりと取材を続け、実を結んだようです。

 

鳥羽水族館のジュゴン“セレナ”についての番組を制作し

全国で放送されました。(2019年5月3日)

その名も『鳥羽水族館のジュゴン“セレナ”~世界最長の飼育日誌~』。

 

浅井アナが鳥羽水族館のジュゴン「セレナ」に

初めて会ったのは2年前の春ということですから、

ずっと取材を続けていたのですね。

取材者としても評価できます。

取材の現場に偶然居合わせた人からはこんな声が。

 

“NHK さんセレナの特集長い時間ありがとうございます

アナウンサーさん、

あの日半日くらいずっとセレナの水槽撮ったり

メモ取ったり熱心に取材されてました“

 

その他のTwitterの反応を見てみましょう。

若手のフレッシュなアナウンサーということもあり

新人時代から応援している人が多く見られました。

 

全国放送の中継などでは

鳥取や三重から

浅井アナが担当することがあったようですね。

 

“ひるブラの時に浅井くんが

鬼太郎のちゃんちゃんこ着てたらかわいいなぁ“

 

“おお、浅井アナ、頑張ってますね。

応援してますよ。

あら、最後、一斉の言葉が切れた。 #ひるブラ“

 

“NHK鳥取の浅井理アナ、

一方的にちょっとだけ知ってる。応援する!! #ひるブラ“

 

“無謀に思えたラジオでヒーローショー…

浅井アナの実況のおかげでよきものになりました。

そんなとっても素敵な浅井アナ、

鳥取局から三重局へ異動になっちゃってさみしいの…( ;ᵕ; )“

 

“さわやかアナの浅井アナは三重県に異動になりました。

三重県のみなさん、浅井アナをよろしくね♪

#旅ラジ #NHK“

まとめ

温かい声援が多い浅井アナウンサー。

ひとつひとつの仕事に

真面目に、丁寧に取り組んできた証だと思います。

全国放送で見られる日を楽しみに待ちましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)